相模原のリフォーム会社事情

こんにちは。株式会社TABATAのブログ担当です。

私たちTABATAが本社を構える相模原はリフォーム会社が全国他の地域よりも寄り集まっている街です。リフォームに限らず、昔から職人が集まっている街だと言われています。

理由は正直わかりませんが、大昔からの文化かもしれません。

 

たくさんあるリフォーム会社の中でも、大手のリフォーム会社と私たちのような地元のリフォーム会社という二つの種類があります。

お客様の中では、やはり大手の方が安心という声が多いです。しかし結局は大手の工務店でも相模原の小さな工務店に発注しているため施工内容や質は実際変わりません。大手リフォーム会社が窓口になる分、値段は上がってしまいます。

ですので、私たちがお見積もりを出すと「思ったより安くなるんだね」と言っていただけます。

大手のいいところはそう簡単に潰れないことではないでしょうか。しかし、そういう意味ではTABATAも相模原でもう30年ほど営業を続けています。月に大体80〜100棟の新築リフォームを手がけているので信頼していただけるんじゃないかなと思います。

 

専門業者に頼むか、総合リフォーム会社に頼むか

専門業者に頼んだ場合、クロス屋さん、サッシ屋さんなどその都度頼む必要があるためそれぞれの業者さんとやりとりをしなければならなくなり、手間はかかります。

しかし、専門業者と総合リフォーム会社のクオリティーに差は正直ありません。会社というよりも、職人さんによってクオリティーが変わってきます。専門業者さんの方が対応は早いように感じます。

 

どちらにせよ相見積もりは取るべき

相見積もりは必ずとるようにしましょう。私たちの場合はHPにお問い合わせいただいた方にも相見積もりをとっていただくようにお願いしています。一社にすぐ決めるよりも、いくつかの会社を比べてご依頼いただいた方がお客様も不安なく気持ちよくご依頼できます。

 

見積書の形式は会社によって異なりますが、平米数、数量、使用する器具などが細かく記載されている会社がオススメです。各社で見比べた際に、ざっくりした見積書を出してくる会社もありますが、そう言ったところはあまりオススメできません。