空間をもっと好きになる、オリジナル壁紙はいかがですか?

神奈川県相模原市の内装リフォーム会社TABATAです。
今回は、好きな写真を壁紙にできるグラフィックウォールの魅力について担当波多野に話を聞いてみました。

ーグラフィックウォールはどんな方から注文がある?
店舗とかオフィスからの注文が多いですね。
お好みの写真を一枚の壁紙にできるので、
写真を持ち込まれる方もいますし、カタログから選ばれるお客様もいらっしゃいます。

TABATAグラフィックウォールカタログはこちら

ーグラフィックウォールを始めたきっかけは?
社長の一声で始まりました。
グラフィックウォールのプリンターを持っている内装施工会社は神奈川でも弊社ぐらいだと思います。
やっぱり、戸建てでも店舗でも空間づくりはとても多様性が増していて表現したいという方も増えていますよね。その中で一部屋だけハワイアンのコンセプトにしたいというような。

ーグラフィックウォールを取り入れるコツは?
天井や両サイドは量産品のクロスにしたとしても、正面だけ海外の写真を取り入れた壁紙にすると雰囲気はぐっと変わります。
またオフィスだと会社のロゴを入れたり、社訓を入れたりしたこともあります。
下記の写真は弊社社長室の壁紙です。TABATAのロゴが入っています。

またハワイに社員旅行で行くことを目標にしている会社さんはハワイの写真を取り入れたことで皆さんの士気が上がったという話もあります。
全面に入れると飽きがきてしまうと思うのですが、一面だけ入れることで飽きがこないですよね。ゴルフ好きの社長だとゴルフ場の壁紙にする方もいます。(笑)

ーいろんな使い方がありますね。
また奥行きがある写真にすることで空間が広く見えます。
玄関に奥行きのある風景の壁紙を取り入れたことですごく広く見えるようになった事例もあります。

ー波多野さんだったらどんな壁紙にしますか?
私だったら寝室の天井に星空とかオーロラの写真を入れますね。
その方の好みや趣味に合わせた自分だけの空間を作れるのが素敵ですよね。

ーグラフィックウォールは一般のクロスとどれくらい金額が変わりますか?
一般的なクロスだと1,100円/平米くらいが相場です。
それに対してグラフィックウォールは、メートル売りになるのですが平米に直すと6倍くらいの金額にはなります。
ただ1面だけの施工と考えるとそこまで金額は変わらないです。
雰囲気を変えたいお部屋の広さをお伝えいただけたら料金の違いはお出しできます。

ーグラフィックウォールを取り入れたお客様からお話を聞いたことはありますか?
バーのお店なんですが、お店のスタッフで旅行に行った時にカメラマンさんに撮ってもらったお写真を壁紙にしました。
常連さんも楽しんで見てくださっていて、スタッフも喜んでいるというお話をいただきました。
ご家族でも思い出のお写真を子供部屋の壁紙にしたいというお話をいただいたこともあります。
壁紙から家族や会社の絆が強くなるって今までの内装にはなかった発想ですしとても面白いですよね。

ー確かに、内装リフォームがもっと楽しくなりますね!
そうなんです、弊社としてもお客様に内装リフォームを楽しんでいただきたいと思っています。
ですから、グラフィックウォールに留まらずお客様がワクワクできる取り組みは今後も行なっていきたいです。

ーありがとうございました。

思い出を壁に刻んだり、自分が好きな空間を作り上げる。
そんなグラフィックウォールはいかがですか?